指導者紹介

常任指揮者・松村努先生

matumura-c.jpg東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。三林輝夫、河瀬柳史の両氏に師事。指揮を黒岩英臣、ヘルムート・リリンク両氏に師事。

'89、グロリア少年合唱団イタリア演奏旅行では、ローマ法王を前に謁見特別演奏を行う。同合唱団を率いて、'94年カナダ、2000年フランス、スペイン、2006年春には、スペイン、ポルトガルに演奏旅行。各地で絶賛を受ける。

また、'91年にはシュトゥットガルト・バッハアカデミーに参加。同時に行われた、ヨーロッパ音楽祭に於いてゲヒンゲン聖歌隊、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウムオーケストラの演奏会を指揮、好評を得る。

ルネッサンスから現代までの宗教作品を指揮活動の中心とし、神奈川・東京の多くの合唱団の指揮をしている。

海外の聖堂での演奏経験も多く、特に2000年にはパリのノートルダム寺院に於けるミサを指揮して成功を収めた他、2006年3月、リスボンの世界遺産ジェロニモス修道院でのモーツァルト「レクイエム」の演奏会は絶賛された。

日本合唱指揮者協会副理事長、神奈川県合唱連盟理事長、合唱人集団「音楽樹」会員、横浜コーラルフェスト実行委員長、フェリス女学院大学講師、東京藝術大学講師。

副指揮者・服部陽介先生

服部陽介先生国立音楽大学声楽科卒業。静岡大学大学院教育音楽専攻修了。

声楽を西義一、山田純彦、藤井京子の各氏に師事。また、指揮を高階正光氏に師事した。

在学中より合唱を中心に活動を始め、現在までにオペラ、ミュージカル、吹奏楽など多くのジャンルの指揮・指導をしている。

湘南フィルでは、86年より歴代の常任指揮者のアシスタントをつとめ、演奏会成功に貢献してきた。

ヴォイストレーナー・斎藤三和子先生

saitouB.jpg

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程修了。

デビューリサイタル以降、様々な分野の演奏でその独自の世界を表出展開させている。

第65回日本音楽コンクール入選。第7回奏楽堂日本歌曲 コンクール奨励賞受賞。

'99年5月よりヴォイストレーナーとして、豊かな表現 による的確な指導で湘南フィルの声を鍛えている。

'02年(ドイツレクイエ ム)、'06年(デュルフレレクイエム)の演奏会ではソリストとして湘南フィルと共演。

ピアニスト・織田祥代先生

織田先生東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院修士課程音楽研究科ピアノ専攻修了。在学中、第13回草津国際音楽アカデミーにて、ヴィレム・ブロンズ氏に師事し、「Student Concert」に選ばれ出演。

1995年、院在学中、東京文化会館主催オーディションに合格し、「新進音楽家デビューコンサート」に出演。その他、かながわ音楽コンクール入選、戸塚クラッシックコンサート、サントリーホール、安田生命ホールにて「ミューゼシードコンサート」等に出演。

院修了後、渡欧し、アムステルダム国際音楽アカデミーマスタークラスにて、ファイナルコンサートに出演。

これまでに手塚敏子、坪田昭三、クラウス・シルデ、ハリーナ・チェルニー・ステファンスカの各氏に師事。

現在ソロ活動の他に、室内楽、声楽、コーラスの伴奏などで演奏活動を行っている。

ピアニスト・北野悠美 先生

kitano A.jpg

3歳よりピアノを始める。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位。イタリア、サルジニアでのセミナーに参加、ジャン=マルク・ルイサダ氏のマスタークラスを受講。これまでにピアノを川田泉、小森谷泉各氏に、室内楽を徳永二男、藤原浜雄、菊地知也各氏に師事。
在学中より多くの器楽伴奏や室内楽を経験してきたことを活かし、現在もソロに加え、ジャンルを問わず多方面での活動を行っている。


白井 智朗 先生

白井智朗S.jpg

東京学芸大学B類音楽科声楽専攻卒業。声楽を横山和彦、辻村成子の両氏に師事。大学卒業後、日本合唱協会で活動。また、松村努氏の下で合唱指揮の研鑽を積む。

2012年、モスクワ音楽院国際夏期講習会において、合唱指揮をアレクサンダー・ソロヴィエフ氏に師事。修了演奏会では、モスクワ音楽院の学生による合唱団を指揮した。

現在、神奈川、東京、青森の合唱団で指揮、指導に当たっている。