合宿の最近のブログ記事

7月28日(土)、29日(日)の2日間をかけた、今楽期の合宿が終わった。湘フィル始まって以来の、夏場の合宿だそうである。 

今回の合宿は非常にメニューが豊富で、

1日目 午後は発声練習後、女声/男声に分かれての分奏練習と、並行して女声部のパート・ヴォイトレ、夜は全体での合奏練習、その後、懇親会

2日目 午前はドイツ語講座に始まり、発声練習、女声/テノール/バスでの分奏練習(男声はパート・ヴォイトレも含む)、午後は(まとめの)全体での合奏練習

というものであった。

これらを順調にこなして、有意義な合宿を終えた、と書ければハッピーだったのであろうが、終わりはやや重いものであった。 2日目午後のまとめの全体練習で、マエストロから、またお小言をいただいてしまった、というか、非常に重い課題(問題点)を、またしても認識させ(突きつけ?)られた。

一回目で決めきれない(言われればできるのに...)、一度なされた注意を忘れてしまう、自分がどのように歌いたいのかという意欲・意識が感じられない、指揮が見れていない(見るタイミングが違う)...所謂「湘フィル病症候群」が、まだ根絶されていないのだ。

重ねてマエストロからは、(残り12週ということを考えれば)一回、一回の練習、一曲、一曲の歌唱を、本番のつもりで臨むように、とのお言葉があった。

まさに一期一会である。本番は一回きり、やり直しはきかない。一度発せられた声(歌)は、もとには戻らないし変えられない。 各人がそれを肝に銘じて、これからの練習に臨まねば!

 

本番にむけてのステップアップの起点としたい、と思って臨んだ今回の合宿の終わりは、やや重いものになったが、少し見方を変えれば、課題(問題点)を突きつけられたのが、この時点であって良かったと思うし、その事は非常に意味があり、今回の合宿を有意義なものにしたと言えると思う。

あと12週。 団員個々人が主体的に、前向きに取り組む事で、きっと道は開ける、良い演奏ができると思う。

再度言う「一期一会を!」

 

 

 

 

 

 

もっと歌おう、自分から

| コメント(1) | 合宿

全曲通して歌える!と楽しみにしていた合宿。なのに不覚にも夏風邪をひいてしまい、声は出ない、耳聞こえないなのに、咳は出るは鼻水は出るは熱も出るは、しかたなく一日目の夜は宿舎のベッドで寝ていました。奇しくもロンドンオリンピックの開会式。4年前の北京オリンピックの開会式の日も、私は突発性難聴になって入院したんだっけ。まったくもぉーと思いながら、翌日に備えてひたすら寝ました。家にいる時の何倍も寝た感じです。翌朝、ちょっと歌ってみたのですが、やっぱり無理。残念ながらおとなしく聞いていました。あ~、歌えるっていいなぁ・・・こんないい曲をこんな素敵な環境に二日間も歌いに来れるなんてほんとに贅沢。なのになのに、練習はまったくもって不調。楽譜の見方、指揮の見方をこんこんと諭される始末。う~ん、なんでかなぁ・・・マエストロと一緒につくる音楽が始まる一番素敵な瞬間に顔を上げていないなんて、もったいないですよね。楽譜見てるよりよっぽどたくさん生きた情報と音楽のエッセンスが伝わってくるのに。なんて偉そうなことは言えないのですけど、多少調子悪くても歌うとすっきりするのに、歌えないし、座っていてマエストロが全然見えなかったので、かなりストレスたまりました。合わなくてぐちゃぐちゃになるのって音楽になってないってこと?何か月も練習してきたのに。二回目ならできるって?それって意味ないし。この湘フィル病って案外難病・・・外からつける薬は効かないんだよね。特効薬は自分から歌うこと。えいっ!て自分から一歩踏み出せば変わる。音が低くても声が汚くても、言われてからやるよりよっぽどいい。(きたなくてもいいわけじゃないけど・・・)熱にうかされてるので、勝手なこといろいろ書いてます、ごめんなさい。。。

いい曲いっぱいあるじゃないの、胸がきゅんとして目頭熱くなるような曲が。もっと自分から歌おうよ~

合宿行ってきました。下界と隔離されて歌三昧の2日間。湘南国際村のホールはいつものことながら歌いやすい。響きがよいので、うまくなったような気がするのだ。実際、Te Deum 冒頭の男声合唱は充実した響き、魅力的な音色で、う~む、うなってしまった。分奏で相当しぼられたそうだが、これは女声もうかうかしていられない。緊張が走るが、弱音で同じ音の連続する部分の高さがキープできなくて玉砕。1回でできなくては意味がない・・・あんなに練習したのに。マエストロのお叱りを受けたが、2回目でできちゃうってひょっとしてすごいことですよね。風邪でコンディションいまいちだった私は、やっているつもりでも、言われてもなかなか思うようにならず、え~次はOKなんだぁと複雑な心境。正しいフォームに意識して持っていけるって、かなりいいところまできてるはず。言われないと出来ないのは宝の持ち腐れだけど、できるのなら道は近い。忘れずにやれるだけの気概、湘フィル女子にはありますよね!!

響きの多い環境で練習するといろいろなことが楽しめる。力まずに息を入れていくと豊かに鳴り始める倍音、短調か長調かをイメージするだけで整ってしまう微妙な和音構成。残響をくゆらせるように使う、pが3つとか4つの表情とか、切り際の半拍で時間が止まってしまう緊張感などなど。(ヴェルディーって天才!)この大人数で表現するダイナミックレンジの大きさ。音程がぶれてしまうほどの勢いだって頼もしい。足りないものを引き出すより多すぎをコントロールするほうが気持ちが前向きになる。まだまだ未完成だけど、うまくなっていく可能性をたくさん感じた合宿でした。懇親会もにぎやかに、チャリティーオークションも大盛況。盛り上がってきた気持ちをみんなで熱くつないで、2ヵ月後の本番へ向かっていきましょう。

千年に一度の大震災に居合わせた私たちが、演奏会でレクイエムを歌うめぐり合わせ。ひき合わされたこの年、亡くなられた方の魂が天国にいけるように、被災された方の心が癒されるように、心を込めて歌おう。マエストロの思いと私たちの演奏がひとつになりますように。

 

充実の合宿

| コメント(0) | 合宿

合宿お疲れさまでした~!1泊2日で10時間、通常5週間分の練習をみっちり詰め込みました。はじめの3時間は3会場での分奏で、各パートの弱点をていねいにさらい、残りはすべて合奏で、今までの積み重ねをより濃く、正確に確実に塗り重ねていく時間でした。メイン会場の会議場は響きが良く、特にローリゼンが歌いやすかったです。マエストロが身を乗り出して棒を振ると、音がぐっと厚みを増したりして、魔法の粉が振りまかれているように思えました。この空間と時間の中で、体が覚えたことを忘れないようにしたいですね!

懇親会でのパート対抗かくし芸大会は今回で2度目。パートカラーがにじみ出ていて楽しいです~♪出し物の練習にもいろいろな方が力を発揮して楽しかった!恒例になってきたチャリティーオークション(自らの団にチャリティーする)も盛況で、目標を大幅に上回る売上があったとか。歌うこと以外でも気運が盛り上がってくるのはほんとに心強いですね。

本番まであとちょうど3ヶ月。合宿を終えて、成長曲線がくいっと上がって行く・・予定です。ここから先はやっぱり顔が上がらないと合わせられないところをクリアしていくのが目標になってくると思います。引き続き暗譜、頑張りましょうね。

それにしてもよく歌った~♪時期的に音取りではなく歌いこみ合宿だったので、体育会的充実感もあります。ふだん家にいるよりたっぷり寝られたし、朝からデザートつきのおいしい食事をお腹いっぱい頂いてしあわせ!あんなにたくさん食べたのに、帰ったら体重と体脂肪が減っていました。歌ってスポーツなんですね。

湘南フィルハーモニー合唱団
公式サイト

最近のコメント

アーカイブ

タグクラウド

お気に入りブログ

にほんブログ村

Powered by

Powered by Movable Type 4.292