2014年1月27日アーカイブ

  少し寒さが緩んだかな?と思ったら、また寒くなりました。
つい先日が「大寒」でしたから、一年で一番寒い時期です。
そんななか、あと2週間で、いよいよ第23回演奏会・本番です!
 
 今回の演奏会は、思索的、かつダイナミックな(?)ブラームス「運命の歌」、ピアノが華麗に大活躍するべートーベン「合唱幻想曲」、そして壮大なシューベルト「ミサ曲 第5番 変イ長調」と、バラエティに富んだプログラムで、とても楽しみです。

顧みれば、一昨年(2012年)の10月末から練習を初め、1年3ヶ月という時間をかけて取り組んできました。その集大成がもう直ぐです。
 この間、何度も、何度も、先生からご指導いただき、ご注意を受け、時に(よく?)叱られ、ひたすら良い演奏を目指して練習を重ねてきました。

 何を表現するのか、どう歌わねばならないのか...等々、教えていただいたこと、示されたことは、意識していないかも知れませんが、確実に身体に入って(摺り込まれて)います。それを、余すところなく、一回で出し切りましょう。

一度奏でられた音は、もう元には戻れません。同様に、本番も一回限り、やり直しは無いのです。まさに「一期一会」、集中して、良い演奏をしましょう!


本番前の2週間、インフルエンザ流行の話しも聞こえてきています。
スケジュール的にも、オケ合わせ・本番と3日連続しての活動となります。体調管理に気をつけられて、ベストコンディションで本番ステージにお立ち下さい。
                                                                                            (T)H.S

湘南フィルハーモニー合唱団
公式サイト

当ブログ最新記事一覧

アーカイブ

Powered by

Powered by Movable Type 4.292