地道に楽しく

前回インフルエンザでお休みだった団長は、マエストロの足元で録った録音を聴いて、そのずれ加減に余計具合が悪くなったとか。自分の足元で録っていると時差がないので合っているように感じてしまう、これも大きな落とし穴だそうです。音程も結構大変なことになっていたのですが、それよりも顔の上がらないことの危機感が大きかったに違いありません。
今週はいつもの練習会場に戻ったので、時差はやや減りました。でも本番はホールですから、覚えるなり楽譜の見方を工夫するなど、地道な努力は必須です。合宿までのカウントダウンも始まりました。合宿の目標は顔を上げて指揮を見ること。パートソロや出だしの部分を暗譜すること。今なら十分間に合うはず。うまく歌えるところが増えれば練習も格段に楽しくなります。せっかくの合宿、たっぷり楽しみましょう。
音程をキープしたいときは眉を上げる!オーケストラの動きを感じる、クレシェンドと加速、フォルテは力まずリラックス、等々、いろいろな場面での様々なマエストロの処置は本当に的確で、名医だなあと思います。ちゃんと集中して聞き逃さないようにして、みんなでうまくなろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました