最後の練習

本番までオケ合わせを残すのみとなった最後の練習は鎌倉芸術館大ホール。最後なのにちょっと用事で遅刻してしまい、わさわさと駆け込んだので、息を整えたつもりでも呼吸が合わない。ホールの大きさとの距離感も合わなくてなんだかくらくらしてしまい、うまく声が出なかった。流れている曲の呼吸、歌っている仲間の呼吸、マエストロの呼吸~うまく流れに乗るには出遅れは禁物ですね。そして距離感。いつもの練習場サイズから劇場サイズへの切り替えも必要。今までやってきたことを本番で余すことなく出せるように心を落ち着けて臨みたい。

顔を上げて!マエストロから幾度となく声が飛ぶ。見ていなければ合わない場面、それはつい楽譜を追ってしまいたくなるような難所でもある。みんなそれなりの努力はしたはずだ。それでも舞台に立つといつもと違う不安が足元から上がってきて楽譜を頼りたくなる。ここまできたら、頼れるのは音楽の流れを支配しているマエストロの棒だ。信じて顔を上げよう。スケールの大きさも呼吸もたくさんの音楽の要素が目に飛び込んでくるはず。本番間近、テンションが上がり集中してくると、吸収できることも一気に増える。今頭に入れようとすることは、たらたら練習していた頃より確実に身につくし、練習の一回で急カーブで完成度が上がる可能性も高い。オーケストラの音量や迫力に吹き飛ばされないように、合唱も集中していいものを創りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました