もう一歩踏み込もう

その日の練習の一番最初、第一声は勇気が要ります。うまくいくかどうか緊張しますよね。難しい曲だし、一生懸命やってみたけど失敗することもあります。でも、なんとなく取りあえず声を出してしまってうまくいかない・・・というのは、ありがちだけれど、いいことひとつもないですね。言われてやり直すとできてしまったりするのがどういうことなのか、マエストロは笑いに変えてくださったけれど、次は本当になしにしたいと思いました。第一声をちゃんと歌えるようにするには、自分で練習するのが一番です。通勤時間や家事の合間に練習の録音を聞くだけでなく、取れなかった音を鍵盤で叩いてみるとか、噛んでしまった言葉をゆっくり読んでみるとか、間違えやすい拍数を数字で書いておくとか、何か一つだけでも自分で手を加えたことがあると、一週間何もしないで練習に来てしまった時とは気持ちがぜんぜん違いますよね。たとえはったりでも、やってきましたという顔ができるし、それが積み重なれば本当の自信になっていくのだと思います。あんまり自信がないときって、ひどい声出してますよね。準備してないで高い音に飛びついたりなんかすると最悪、録音を聞くと冷汗が出ます。だからやっぱりはったりじゃいけないのですけどね。
ミサソレは難しいけれどやりがいがあります。Credoはうまくいくととても楽しいです。隣の人と音がぴったり合い、やろうとしてることが同じと感じられるのがうれしいし、トリッキーな速い動きがうまくいくと達成感あるし、他のパートとの掛け合いがスリリングで、いろいろなことが楽しめます。もう一歩踏み込んで、もっとみんなでわくわくするような音楽をしたいなぁ。険しい山だけど、みんなで一生懸命登ろう。
今年の練習は終わりました。来年もまたよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました