演奏会実現を目指して

前回にひきつづき、湘南国際村での練習です。連休中とあって車でたどり着くのに2時間、普段の倍もかかりました。坂を上っていくと視界が開け、青空に真っ白な富士山が迎えてくれました。前回の帰り道はきれいな夕日が見えましたっけ。様々な困難を乗り越えて1回の練習が実現できるので、格別の緊張感があるように思います。マエストロも目の手術をしてまだ3日目にも拘らず、いつにもまして熱い練習が繰り広げられました。息遣いによる演技や前へ進む推進力、セリフの緊張感などなど、うまくいけば場面が目に浮かぶような合唱ができるかもしれません。3月はあと2回、通常と違うホールなどを確保しての練習が続きます。4月になればもう演奏会へのカウントダウンも一桁になります。練習がどの程度できるのか、まだ全く読めませんができるだけのことをして続けていきます。練習に参加できない方たちの自宅での練習も、演奏会へ向けての大事な時間に他なりません。練習にこぎつけた方は一滴も漏らさず自分のものにできたらと思います。練習の録音を配信して自宅学習のメンバーに聴いていただくことになっているので、たとえ間違えても身になるように真剣に間違えたいですね。早く全員揃って練習ができるようになりますように!!

コメント

  1. KM より:

    Ubi spiritus est cantus est!

タイトルとURLをコピーしました