暗譜指令

8月に入り、練習会場は神奈川公会堂になりました。客席に、前後1列、左右は3席空けるソーシャルディスタンスでの配置。鎌芸リハーサル室に比べ格段に広く、だいぶ安心感があります。この状態で歌って合わせるには顔を上げて指揮を見るしかありません。というわけで「自分のテーマ2小節は必ず暗譜!」という指令が出され、さっそく特訓に突入。Sanctus は以前から歌いだしは必ず指揮を見ること、このページは破り捨てるように、と言われていましたね。楽譜を下ろして歌ってみれば、結構覚えているものです。もごもごしてしまっても、わからないところがわかるのも大事なこと。自分のテーマは歌えても、どこで入るのかがドキドキですね。お手付き、フライング、でとちり、いろいろありました。でも、みんなが覚えてきっちりアンサンブルができたらどんなにか楽しいことでしょう。本番はサントリーホール。マエストロの位置ははるかかなたになりますから、こういう練習はとっても効果的。8月いっぱいは神奈川公会堂なので、いい特訓になります。感染拡大も続き、相変わらず厳しい状況ですが、こうして歌えることに感謝したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました