刷り込む

ここ何回か全曲を通して歌ったが、今週は前半のみをまたていねいにさらった。しかも、歌いだす前にマエストロの懇切丁寧な解説付き。なんだか情けないけれど、勢いだけで歌って振り出しに戻るような練習はもうしたくない。1曲ごとに落ち着いて整理すれば、かなりの情報が頭の中には入っているのだと思う。なぜうまく引き出せないのか・・・なんて考えているくらいなら、1回でも多く繰り返し練習しよう。5回やって覚えられないなら10回練習すればいいだけのことだ。早口のセリフも、一糸乱れず正しくテンポに乗ることも、できのよしあしは刷り込んだ回数に比例する。うまくいけばうれしい。この単純な営みの喜びを、もっと味わってみたらどうだろう。残された時間は限られているけれど、自分でできることはたくさんある。発音のチェック見直しをしたり、歌詞を書きだしたり、そんな地道な工夫をしているという話を聞いて、私も覚えているつもりであいまいになっていた似て非なるリズムと言葉付けの確認をしたりした。小さなことでも、ひとつ準備をすると練習に向かう気持ちが高まる。その連鎖が大きな力になると思う。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました