いよいよ10月

本番が近付いてきました。練習は残すところあと4回。早いですね~。あれもこれもやっておけばよかった・・・ということのないようにしたいです。先週に引き続き、少していねいに残りを最後まで通しました。根がそうなのか、演じるのがうまいのか微妙なところですが、荒くれたところや悪い人のところは割とうまいのですよね。(暴走しなければ・・)美しい和音を聞かせるところや気高い人のくだりがやや苦手なのは惜しいというか残念というか、これは人格の問題ではないなずなので、まだまだ改良の余地あり。どの曲も、終わりの音のハーモニーをもっとまとめたいですよね。わーっと突入!したくなってしまうのですが、ちょっとまわりを聞くだけでずいぶん違ってくるのでは、と思います。みんなまじめなので、どうしても顔がこわくなってしまい、音程にも影響しているようです。笑顔のおすすめがありましたね。顔の表面を変えるだけでも効果があるとのこと。公園で小さい子を見てにこっとする感じがいいのでは、と ”根が善人”先生からのアドヴァイスでした。

顔の上がっている人がだんだん増えてきているので、制御が利くようになってきた感じです。29番の取りなしのコラールのところで、楽器とシンクロしたていねいな動きが加わり、表情に深みが加わりました。こういうニュアンスをいくつも増やしていけるといいですね。積み重ねてきたものと歌いたい気持ちと集中力が合わさるこのわずかな期間、うまくなる曲線が急上昇することがあります。はったりや一夜漬けがいいわけではありませんが、何もしないでいるよりずっとずっと収穫があるはず。最後の最後まで、うまくなる努力をしましょう!もういちど楽譜を見直して(私も、間違っていた音を指摘してもらいました)、イントネーションや表現の仕方を確認したいですね。和音ももう一段階整えてきれいにしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました