大雪じゃなくても

久しぶりに「合唱幻想曲」の練習をしました。なんといってもあの大雪の日の演奏会がよみがえってきます。よくぞいらしてくださったという300人のお客様の前で、張りつめた緊張感と集中力の中で演奏したこの曲。織田先生のピアノと、オーケストラのアンサンブルの素晴らしさが心に焼き付いています。あの再現ができるかどうか。大雪をまた呼んでくるわけにはいかないですしね。いい演奏をしたいという集中力があれば、通常の状況の演奏会でも力を発揮することは可能なはずなので、気持ちを高めておきたいですね。もちろんミサソレは半端な集中力や体力では歌い通せないので、筋トレもやりましょう。鍛えた分だけ、筋肉も嘘はつかないので鍛えられます。早口な歌詞だって、何度も言っているうちに滑らかになります。自分に言い訳をしないで、少しの時間でも積み重ねができるといいですね。と、自分に言い聞かせています。150人がみんなで少しずつ進歩したら、結構すごいものができるので、希望を持って歌いましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました