意外と薄い!Agnus Dei

8月27日(土)

今日は、松村先生は「おかあさんコーラス全国大会」(於 青森)ご出演のためお休み、服部先生のご指導での練習。
松村先生がお休みのときでも、キチンとご指導してくださる先生方がみえることは、本当にありがたく、心強いことである。

今日は、ミサ・ソレムニスのAgnus Dei の確認・お浚いで、いつものように、とても細かく、丁寧に…声の出し方・歌い方から、曲(フレーズ)の捉え方・考え方まで…ご指導していただいた。
しかし練習を始めて愕然としたのは、(服部先生からもご指摘あったが)このAgnus Dei が意外と「薄い」(身についていない)ということである。
どうもCredo 及びGloriaに比べて易しい、という思い込み(誤解?)があるのか、各自のこの楽章への取り組み方が、必ずしも十分ではないような気がする(この期に及んで…!)。
この楽章には、この楽章なりの(他とは違う)難しさがあることを認識し、再度、レビューせねばならない。

今日、服部先生からも(先週は白井先生に言われたが)「顔を挙げるように」とご指摘が有った。
今期の本番は、合唱団の配置場所によっては、指揮者との距離が従来以上に遠くなる可能性が強く、オーケストラの音を聴いて歌うのでは間に合わない、棒(指揮)を見て、合わせるしか無いからである。

もう一つ、「練習は後3回ということは、後3回しか無い、のではなく、後3回も有る、と思うこと。」とも仰った。
そう、まだ時間はある、というか、作りだせる・確保できるのである。

もう一頑張り、精進しましょう!

by Sham

コメント

タイトルとURLをコピーしました